進学塾にもいろいろな仕事がある

進学塾での仕事

子供たちが進学するために通ってくるのが進学塾です。さまざまな目標を持ち、将来を切り開こうと考えています。どうしても成績が上がらず困っている生徒もいれば、ワンステップあげるために通ってくる生徒もいるでしょう。

学習塾との違いとして、進学塾は受験を目指しているのが基本であり、学力をつけるといった大きな目的よりも、進学という目標に絞り込んでいるところに特徴があります。ニーズがはっきりとしていることが重要であり、指導もそのニーズに合わせていくことが必要です。

進学塾では、生徒と共に進学という目標に向かっていきます。その中には、モチベーションという大事な要素があることを忘れてはいけません。これが重要な意味を持っており、いかに意欲を高めてあげられるかによって、結果も変わってくるからです。

モチベーションの上がらない生徒には、なぜモチベーションが上がってこないのか、どうしていけば良いのか、コミュニケーションを取りながら理由や対策を考えていかなければいけません。ほんの少しのことで、意識の変化がみられるようになり、結果も大きく変化することは少なくないため、技量が問われるところになるでしょう。

進学塾でも、授業形態はさまざまなかたちに分かれています。この形態ごとに授業も考えていかなければいけないため、仕事内容にも違いが出てくる部分です。準備も違いが出てきますし、授業後の展開の違いも考えておかなければいけません。進学に向けて知識をつけていくという点では共通していますが、そのための内容は大きな違いがあります。仕事に関して興味を持った方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

LINK

指導も進学塾の仕事

集団指導の進学塾

個別指導の進学塾

サイトマップ