進学塾にもいろいろな仕事がある

個別指導の進学塾

集団指導とは異なり、個別指導の場合には、1回で多くても3名までの指導をおこなっていくのが特徴です。講義形式の場合には、進学としての目標が異なる場合もありますが、だいたい同じようなレベルでの組み合わせです。

自習形式の場合には、目標のレベルが異なることも多く、質問されたことに対してどんどんと答えていくのが特徴となってきます。どちらも理解度を高めていくということが中心であり、受験対策としても細かなケアをしていくことになるでしょう。

実際の内容として、理解できるまで指導するというのが一般的です。理解度も試験やテストで測るよりもダイレクトに感じ取ることができるため、対応も早くできるところが違いといえます。その分、1対1という関係になりやすく、見逃すこともできませんし、スルーするわけにもいかなくなります。逆に仕事としても大きなやりがいとなってくる部分にもなるでしょう。

準備という部分であれば、個別指導のほうが少なくて済みます。理解度を高めるためには、さまざまな準備を繰り返していくことになりますが、人数が少なく個別対応ができる分だけ軽くなるといえます。逆に説明できないことを宿題でカバーするといったことは、あまり使えなくなるでしょう。

LINK

指導も進学塾の仕事

集団指導の進学塾

個別指導の進学塾

サイトマップ